Windows10にした話

セキュリティソフトが見捨てない限り大丈夫だと思っていましたが、どうやら大丈夫じゃないようなのでWindows7から10にしました。
使っているノートPCの起動とかいろいろ遅くなっていたので、ちょうどいい機会だということでPCから新しくしました。
自分で買ったPCは3台目ですが、はじめてDELL以外を買ったのでちょっと不安です。

それよりなにより、やっぱり使い慣れたインターフェイスからいろいろ変わると不便に感じるので、少しカスタマイズしました。

まずスタートメニューに表示されるタイル? それが鬱陶しいし、プログラム一覧とかも前の方が使いやすかったのでそこを変えることに。
が、ちょこっと検索しただけでは、Windows自体から設定する項目については見つかりませんでした。
移行作業するときに面倒なので、とりあえずそういうのを変更するツールをDLして適用しました。
Windows10 のスタートメニューをクラシック(Windows7)に変更 - Classic Shell - PC設定のカルマ」←こちらを参考にして「Classic Shell」というフリーソフトを入れました。
インストールする項目を選べたので、とりあえず「Classic Start Menu」だけを選択。
これで大分使いやすくなりました。

次はエクスプローラ
なんかレイアウトで「詳細ウィンドウ」と「プレビューウィンドウ」は同時に出せないみたいなんです。
なんで……?
今度は「OldNewExplorer のダウンロードと使い方 - k本的に無料ソフト・フリーソフト」←こちらを参考に「OldNewExplorer」というフリーソフトをインストール。

急いでいたのでさしあたりこういうフリーソフトでなんとかしましたが、もっといい方法があるかもしれません。
10に慣れてきたら探すかも……。

エクスプローラ自体は使いやすく戻せたんですが、左に表示されてる「ナビゲーションウィンドウ」が縦に長すぎる気がしました。
エクスプローラの「整理」ってメニューから「オプション」でオプションウィンドウを開いて、「全般」タブで「クイックアクセス」を標準で開くようにしてるのに、開いたときには一番下までスクロールされちゃってるので実に使いづらい。
それは同じオプションウィンドウの「表示」タブ、「詳細設定」セクションの「ナビゲーションウィンドウ」のとこの「すべてのフォルダーを表示」のチェックを外すことで解決しました。
これ外しちゃったら見たいフォルダもたどれなくなるのかと思ってましたが、そんなことなかったです。

あと地味にファイルをごみ箱に移動するときの確認ウィンドウが出なかったのを直しました。
これはデスクトップのごみ箱を右クリックして「プロパティ」を選択、出たウィンドウの「削除の確認メッセージを表示する」にチェックを入れるだけでOK。

あとはIMEの辞書ですね。
主に顔文字。
分かりやすい読み方で出るようにしていたので、それも登録し直し。
さらにキー設定も前と違っていたのでそれも変更。

他にもフリーソフトを入れたり、クリスタを入れてログインしたり、いろんなサービスにログインし直したり。
結構めんどくさいことがいろいろあるもんですね。

ジャンル : コンピュータ
テーマ : Windows

拡張子で(擬似)ソート、アイコン変更

SVGファイルを色々作ってたんだけど、規定のプログラムがIEになってたの。
普段Chromeを使ってるので、いちいち別のウィンドウが立ち上がるのがうざくて、規定のプログラムをChromeにした。
そしたらファイルの種類とかがSVGのくせに「Chrome Document」になっちゃって、SVGファイルとhtmlファイルが混ざって表示されるようになっちゃった。
エクスプローラの並べ替えに「拡張子」って項目ないし。
今回も試行錯誤とかただの錯誤とかしましたよ。

結果としてはまあ、こうできたのです。
2018-10-11-01.jpg


CAUTION!
今回はレジストリをいじりまくります。
悪くするとWindows自体が起動しなくなる恐れがあるです。
自己責任でお願いします。
やるとしたらちゃんとバックアップはとりましょう。




  1. エクスプローラ拡張ソフトでなんとかならないものか

  2. 拡張子関連の、なんか仕組み的な

  3. SVGがどうなってたか

  4. 謎の拡張子「.yutori」を作って実験

    1. 規定のプログラムを変える

    2. 拡張子についての設定をする

    3. 「.yutori」用の「ProgId」を登録、アイコンも変更する



  5. もうちょっと説明

    1. PerceivedType

    2. REG_SZとかREG_BINARYとか

    3. DefaultIcon



  6. アイコンファイルを作る

  7. レジストリを編集できないとき


続きを読む(目次のリンクはこの先で有効になります)


ジャンル : コンピュータ
テーマ : Windows

NumLockキーをShiftキーにしてやった

テキストエディタを使ってるとよく、数字を入力しようと思ったのにカーソルが突然飛ぶ、という目にあう。
NumLockがオンになってたってことだね。
私テンキーをカーソルキーとして使うなんてことないんだけどな……。
例によってレジストリで無効にする方法とかないかなって探してみたけど、どうもないっぽい。
ログインのときにどうするか設定する値はあるみたいだけど、そうじゃないのよ。
常駐ソフトでそういうのあるみたいだけど、う~ん、永遠にオフのままにしておきたい。
常駐とかしなくていいし。

探したらこういう記事が見つかった。
Windows/TIPS/レジストリを修正してCAPSLOCKの割り当て変更 - yanor.net/wiki
レジストリでキーボードのレイアウト変えられるんだね。
なんかこの方法で便利なことができそうな気が……。

私用の覚え書きなのでやり方書いとこう。

CAUTION!
こっから先はレジストリをいじるので、悪くするとwindows自体が起動しなくなる恐れがあるです。


windowsキー→「プログラムとファイルの検索」に「regedit」と入力してそのままEnterでレジストリエディタを起動。
「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout」に移動。
まずバックアップ。
「Keyboard Layout」を右クリック→「エクスポート」で名前付けて保存。
これ、この「.reg」ファイル(登録エントリって名前なんだね)インポートすれば元に戻るし、書き込んだ後の「Keyboard Layout」をエクスポートしておけばまた設定をオンにできるってことだよね? きっとそうだ。
なので名前は「NumLockOn」にしてみた。

では新しい値の書き込み。
「Keyboard Layout」を右クリック→「新規」→「バイナリ値」で新しい値を作る。
新しい値の名前を「Scancode Map」にする。
「Scancode Map」をダブルクリックで「値のデータ」を入力する。
今回はNumLockキーを、害のなさそうなShiftキーに変更したいので、さっきの記事を参考にすると、
変更後……「Shift(左)」 = 2A
変更前……「NumLock」 = 45
なので
0000 0000 0000 0000
0200 0000 2A00 4500
0000 0000
って書く。
スクリーンショットはこんな感じ。

2018-09-04_153621.jpg

各行の頭にある4桁の数字は位置を表してるだけだと思う。
1行目が16進数で00から07。2行目が08から0f。3行目が10から17。ってことだよね?
私全然明るくないので、はじめ1行目書き終えたとたん行頭に「0008」って自動的に表示されて「!?」ってなったから……。
ほんと、こんなレベルでこんなことしていいんだろうか。

この、キーに割り当てられてる数値のこと、スキャンコードって言うんだね。
そしてリトルエンディアン……。また知らない単語が……。
これ、Alt(右)だったら、さっきのページに「E038」って書いてあるから、「38E0」って書くってこと?
エンディアン - Wikipedia」とか読むと……えっと……スキャンコードは2バイトでひとくくりで、8ビットで1ずつアドレスが増加する……ああ、2バイトしかないなら8ビットで増加するしかないのか。
……頭痛い……。

……値を書き込んだら「Keyboard Layout」を右クリック→「エクスポート」で「NumLockOff」って名前にして保存した。

まあなんにしても、これ書き込んでwindows再起動で無事、NumLockShiftとして働いてくれるようになりました。
これで「はぁ!?」が1つ減りましたとさ。

ジャンル : コンピュータ
テーマ : Windows

Windows7で、ウィンドウを勝手に最大化しない、タスクバーのポップアップを遅らせる

ウィンドウ勝手に最大化を無効にする


windows7って、ウィンドウをドラッグしてる時にカーソルが画面の端に当たると、ウィンドウを最大化しようとするよね。
非常にうざい。
もっと早く無効化すればよかった。
メモメモ。

コントロールパネルを開いて「コンピュータの簡単操作」を探す。
表示を「大きいアイコン」か「小さいアイコン」にして「すべてのコントロールパネル項目」を表示してる場合は「コンピュータの簡単操作センター」。
または、アドレスバーの三角矢印をクリックして出るドロップダウンメニューから「コンピュータの簡単操作」を選んでもいい。

2018-08-17_045058.jpg

次は、「コンピュータの簡単操作」を選んだなら「マウスの動作の変更」、「コンピュータの簡単操作センター」を選んだなら「マウスを使いやすくします」。

で、「ウィンドウの管理を簡単にします」セクションの「ウィンドウが画面の端に移動されたとき自動的に整列されないようにします」のチェックボックスをオンにする。

ああさっぱりした。

タスクバーのポップアップを遅らせる


windows7って、タスクバーにカーソルが当たると、そのアプリケーションのプレビューとか、同時に複数ウィンドウを開いてる場合はそのリストも表示されるよね。
非常にうざい。
プレビューを表示しない設定は普通にできるんだけど、リストとかアプリケーション名と閉じるボタンとかは非表示にする設定がないみたい。
レジストリをいじるしかないそうだ。
……しかたない。

まず、プレビューだけ無効にする方法。
windowsキー(「スタート」ボタン)→「プログラムとファイルの検索」に「デザイン」と入力→「Windowsのデザインとパフォーマンスの調整」を選択→「視覚効果」タブ→「デスクトップコンポジションを有効にする」チェックボックスをオフにする。

次はレジストリをいじってポップアップされるまでの時間を設定する方法。

CAUTION!
こっから先はレジストリをいじるので、悪くするとwindows自体が起動しなくなる恐れがあるです。

windowsキー(「スタート」ボタン)→「プログラムとファイルの検索」に「regedit」と入力→そのままEnterしてレジストリエディタを起動。
まずバックアップをとる。
「ファイル」→「エクスポート」で、一応「エクスポート範囲」のラジオボタン「すべて」を選択、分かりやすい名前付けて分かりやすい場所に保存。
ツリーをたどって「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced」に移動。
その「Advanced」を右クリックして「新規」→「DWORD(32ビット値)」で新規値を作成。
できた「新しい値 #1」を「ExtendedUIHoverTime」という名前にする。
その値を右クリック→「修正」を選択。
「表記」のラジオボタンで「10進数」を選択。
「値のデータ」に、ポップアップされるまでの時間を入力。
単位はミリ秒(ms)なので、1分は60,000ミリ秒、1時間は3,600,000ミリ秒になる。
CONVERTWORLD.COM」の「変換 時」が便利だね。
今知ったけどなんか便利そうなサービスだなぁ……。
で、まあ1時間くらいでいいと思うので「3600000」と入力して「OK」。
レジストリエディタを終了してwindowsを再起動で変更が適用される。

windows7ってさぁ……


なんつーか……まぁいいや。

ジャンル : コンピュータ
テーマ : Windows

windows7のエクスプローラで16進数で並べ替え

フォント用の画像ファイルを作ってて、ファイル名はUnicodeにするといいってこの間書いた。
なんだけど、エクスプローラで表示するとき、名前でソートするとおかしなことになる。
「uni0061,uni0062,uni0063,……uni006a,uni006b,uni006c,……uni0070,uni0071,……uni007a,uni007b,……」
こういうファイル名がついてるわけだけど、名前でソートするとこういう順番になる。
uni006a
uni006b
uni006c


uni007a
uni007b


uni0061
uni0062


uni0070
uni0071


おかしくね!?

ちょっと調べたところどうも、windows XP SP1以前と、名前を見るときの決まりが変わったそうだ。

Windows XP SP1より前は数字を左から1文字ずつ比較して小さい順に並べていましたが、それ以降のWindowsでは数字を数値として見ています。
Windowsのファイルの並び順がおかしい!数字がめちゃくちゃに並ぶと感じるときの設定の変更方法 – 316

まあ読んでもらえれば分かるんだけど、もう一度自分用に書いとくと。
XP SP1以前では、
ファイル名を左から1文字ずつ見ていってまず小さい順に並べ替え、
1文字目が同じファイルがあるならそれらの2文字目を見て小さい順に並べ替え、
2文字目が同じファイルがあるならそれらの3文字目を……
っていう風にしてたんだって。
それが今は、
ファイル名の数字の部分全部を取り出して見て、小さい順に並べ替え、
そこが同じファイルがあるなら、アルファベット、日本語、とかの小さい順に並べ替え
ってなったんだって。
今回の私の場合、まず「uni」は一緒だから置いといて、次、数字の部分を全部取り出す。
「uni0060」なら「0060」、「uni006a」なら「006」、「0060」→「60」、[006」→「6」。
なので「uni0060」より「uni006a」の方が小さくなると。

なんでこうなったかって理由も書いてあった。
ファイル名を連番でつけたとき、「1.txt,2.txt,3.txt,4.txt……」ってつけていってたら、桁が上がって「10.txt,11.txt」まで増えてしまった時。
XP SP1以前は「1.txt,10.txt,11.txt,2.txt,3.txt,4.txt……」ってなってた。
左から1文字ずつ見てってるからそうなるよね。
これじゃいやんと思ったら、ファイル名を2桁にリネームしなくちゃならない。
それしなくていいようにこうなったんだって。

ありがた迷惑。

その記事には、レジストリをいじって変更する方法が書いてあったけど、できるだけレジストリは触りたくない……。

もう少し調べたら、こういう記事を見つけた。
Windows7でファイルを名前順で並び替えるときのルールを変更する | 夢の地図(リンク切れ。探しても見つからなかった (´・ω・`))
windowsの「ローカルグループポリシーエディター」というものを使って、「「エクスプローラーで数値による並べ替えを無効にする」という設定にするというもの。
早速真似。
……ローカルグループポリシーエディタがない……。
ローカルグループポリシーエディターを使えるのはwindows7なら「Professional、Ultimate、Enterprise」このどれかだけなんだって。
私のは「Home Premium」。使えない。
つかえねーーーーーー!!!

レジストリをいじるしかないらしい。
う~ん……仕方ないか……。

CAUTION!
こっから先はレジストリをいじるので、悪くするとwindows自体が起動しなくなる恐れがあるです。

windowsキーを押して、「プログラムとファイルの検索」のとこに「regedit」と入力、出てきた「regedit.exe」を選択してレジストリエディタを起動。
まずバックアップをとる。
「ファイル」→「エクスポート」で、一応「エクスポート範囲」のラジオボタン「すべて」を選択、分かりやすい名前付けて分かりやすい場所に保存。
「ん? やっぱおかしい。前の設定に戻してぇ」ってなったら、「ファイル」→「インポート」で、今作った「.reg」ファイルを選択すればいい。
できたら、左のフレームでフォルダをたどって「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer」に移動。
その「Explorer」を右クリックして「新規」→「DWORD(32ビット値)」で新規値を作成。

2018-08-14_092926.jpg

できた「新しい値 #1」を「NoStrCmpLogical」という名前にする。
その値を右クリック→「修正」を選択。
「値のデータ」に「1」と入力。

2018-08-14_093013.jpg

(あ、この「修正」ウィンドウでは値の名前の変更はできないんで、「新しい値 #1」で確定しちゃった場合は右クリック→「名前の変更」で変更しよう。)
したら「OK」してレジストリエディタを終了→windowsを再起動、で、変更が適用される。

見てみる。

2018-08-14_093100.jpg

はいはいこれっス! こうしたかったんす!
あー気持ちいい。

この修正はもうエクスプローラ自体の挙動を変えるので、フォルダごとに変更とかできません。
でも私にはこのほうが都合いい。
元に戻したかったら「NoStrCmpLogical」をそのまま削除するか、「値のデータ」を「0」に変えて再起動。

なんかさ、数値で見るかどうか、もっと簡単に選べてもよくない!?

ジャンル : コンピュータ
テーマ : Windows

ステータス
細野ゆとり
あそびにん
せいべつおんな
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おえかき
ブログ内ページランキング
twitter
その他SNS
検索フォーム
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR