ClipStudioPaintで、写真風にするオートアクション

ちょっと、これから描きたいいくつかの絵に写真みたいなフレームをつけたくなった。
けど、毎度毎度キャンバスサイズを変更したり、四角で塗りつぶしたり、影にぼかしをかけたりなんてやるのめんどいな~、と思ったので、ClipStudioPaintのオートアクション機能で何とかならないかなと思ってやってみた。

まず、いつも絵を描くサイズのキャンバスを新規作成。
「ウィンドウ」メニューから「オートアクション」パレットを開いて、右下のボタンでアクションを追加。

2018-08-04_133635.jpg

適当に名前をつけたら、RECボタンっぽいので記録を開始。

2018-08-04_134011.jpg

これ押すと、今からやることがどんどん記録されてく。

「編集」メニューから「キャンバスサイズを変更」。
写真の余白分だけ広げる。

2018-08-04_134111.jpg

そしたらレイヤーパレットで「用紙」レイヤーを選択。

2018-08-04_134403.jpg

「新規ラスターレイヤー」を追加。

2018-08-04_134440.jpg

今追加したレイヤーの名前を変更。

2018-08-04_134519.jpg

描画色を変える。
写真の余白だから白だよね。

2018-08-04_135120.jpg

「編集」メニューの「塗りつぶし」で塗りつぶす。

2018-08-04_135140.jpg

こういう、メニューからの行動じゃないと記録されないんだね。
普通にツールで塗りつぶそうと思ったけどだめだった。

そしたらまたキャンバスサイズを変更。
今度は背景にしたいサイズまで広げる。

2018-08-04_135225.jpg

「用紙」レイヤーを選択。

2018-08-04_135244.jpg

「新規ラスターレイヤー」を作って、名前を変更。

2018-08-04_135305.jpg

描画色を変更。
背景にしたい色を選ぶ。

2018-08-04_135401.jpg

また「編集」メニューの「塗りつぶし」。

2018-08-04_135430.jpg

次は影になる部分の選択範囲を作る。
編集レイヤーを余白のレイヤーに変更。

2018-08-04_135503.jpg

「選択範囲」メニューの「色域選択」。
プルダウンメニューで、「選択されたレイヤー」を選んどく。
で、余白の白いとこをクリックで選択範囲を作成。

2018-08-04_135529.jpg

編集レイヤーを背景のレイヤーに変更。

2018-08-04_135547.jpg

「新規ラスターレイヤー」を作成して、名前を変更。

2018-08-04_135611.jpg

描画色を影色に変更。

2018-08-04_135636.jpg

「編集」→「塗りつぶし」。

2018-08-04_135654.jpg

影レイヤーを右下にずらす。
「レイヤー移動」ツールに持ち替えて移動。

2018-08-04_135722.jpg

ずらせた。

2018-08-04_135748.jpg

影をぼかす。
「フィルター」メニュー→「ぼかし」→「ガウスぼかし」。

2018-08-04_135809.jpg

プレビューしながら好きな感じにぼかす。

2018-08-04_135848.jpg

必要ないかもしれないけどなんとなく、合成モードを「乗算」に変えてみる。

2018-08-04_135923.jpg

さっきと同じボタンを押して記録を停止。

2018-08-04_135953.jpg

今記録した行動を再生するには、「オートアクション」パレットの右下再生ボタン。

ただねー、毎回同じサイズのキャンバスじゃないとダメなんだよねー。
キャンバスサイズを変更に、値を追加、とか、パーセント指定、とかあればきっともっと応用がきくアクションが作れるんじゃないかな。
ないよね? そういう変更の仕方。

ジャンル : コンピュータ
テーマ : ソフトウェア

ステータス
細野ゆとり
あそびにん
せいべつおんな
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おえかき
ブログ内ページランキング
twitter
その他SNS
検索フォーム
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR