SketchUpとClipStudioModelerでクリスタ3D背景を作る

アプリケーションの導入などについては私の過去記事「SketchUpからClipStudioPaintへ3Dデータを(無料で!)」をご覧くださいです。

SketchUpでモデルを作るとき注意することとしては、面の表と裏、かな。
SketchUpで裏面に色をつけてたとしても、裏は裏、Modelerでは透明になってしまうので。
だから、3DWarehouseからもらってきたコンポーネントはちゃんと見直さないと、裏を表にしてるモデルが結構あるので危険。
面を右クリックして「Reverse Faces」(「面を反転」)で表を表にしなくちゃだめ。
あと、失敗原因のひとつも見つけたのでこの記事も見てもらえるといいかもです。

【9月13日追記】
PaintとModelerのアップデートで両方ともVer.1.8.0になった。
そのアップデートで「3Dオブジェクト」と「3D背景」が統合されたので、ちょっと色々追記します。


  1. SketchUpでモデルを作る
  2. Modelerで読み込み
  3. ノードをまとめる
  4. 可動パーツを設定する
  5. レイアウトを作る
  6. アングルを作る
  7. サムネイルを撮影して素材として登録する
  8. Paintで確認する

続きを読む(目次のリンクはこの先で有効になります)


ジャンル : コンピュータ
テーマ : フリーソフト

ステータス
細野ゆとり
あそびにん
せいべつおんな
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おえかき
ブログ内ページランキング
twitter
その他SNS
検索フォーム
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR