Windows7で、ウィンドウを勝手に最大化しない、タスクバーのポップアップを遅らせる

ウィンドウ勝手に最大化を無効にする


windows7って、ウィンドウをドラッグしてる時にカーソルが画面の端に当たると、ウィンドウを最大化しようとするよね。
非常にうざい。
もっと早く無効化すればよかった。
メモメモ。

コントロールパネルを開いて「コンピュータの簡単操作」を探す。
表示を「大きいアイコン」か「小さいアイコン」にして「すべてのコントロールパネル項目」を表示してる場合は「コンピュータの簡単操作センター」。
または、アドレスバーの三角矢印をクリックして出るドロップダウンメニューから「コンピュータの簡単操作」を選んでもいい。

2018-08-17_045058.jpg

次は、「コンピュータの簡単操作」を選んだなら「マウスの動作の変更」、「コンピュータの簡単操作センター」を選んだなら「マウスを使いやすくします」。

で、「ウィンドウの管理を簡単にします」セクションの「ウィンドウが画面の端に移動されたとき自動的に整列されないようにします」のチェックボックスをオンにする。

ああさっぱりした。

タスクバーのポップアップを遅らせる


windows7って、タスクバーにカーソルが当たると、そのアプリケーションのプレビューとか、同時に複数ウィンドウを開いてる場合はそのリストも表示されるよね。
非常にうざい。
プレビューを表示しない設定は普通にできるんだけど、リストとかアプリケーション名と閉じるボタンとかは非表示にする設定がないみたい。
レジストリをいじるしかないそうだ。
……しかたない。

まず、プレビューだけ無効にする方法。
windowsキー(「スタート」ボタン)→「プログラムとファイルの検索」に「デザイン」と入力→「Windowsのデザインとパフォーマンスの調整」を選択→「視覚効果」タブ→「デスクトップコンポジションを有効にする」チェックボックスをオフにする。

次はレジストリをいじってポップアップされるまでの時間を設定する方法。

CAUTION!
こっから先はレジストリをいじるので、悪くするとwindows自体が起動しなくなる恐れがあるです。

windowsキー(「スタート」ボタン)→「プログラムとファイルの検索」に「regedit」と入力→そのままEnterしてレジストリエディタを起動。
まずバックアップをとる。
「ファイル」→「エクスポート」で、一応「エクスポート範囲」のラジオボタン「すべて」を選択、分かりやすい名前付けて分かりやすい場所に保存。
ツリーをたどって「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced」に移動。
その「Advanced」を右クリックして「新規」→「DWORD(32ビット値)」で新規値を作成。
できた「新しい値 #1」を「ExtendedUIHoverTime」という名前にする。
その値を右クリック→「修正」を選択。
「表記」のラジオボタンで「10進数」を選択。
「値のデータ」に、ポップアップされるまでの時間を入力。
単位はミリ秒(ms)なので、1分は60,000ミリ秒、1時間は3,600,000ミリ秒になる。
CONVERTWORLD.COM」の「変換 時」が便利だね。
今知ったけどなんか便利そうなサービスだなぁ……。
で、まあ1時間くらいでいいと思うので「3600000」と入力して「OK」。
レジストリエディタを終了してwindowsを再起動で変更が適用される。

windows7ってさぁ……


なんつーか……まぁいいや。

ジャンル : コンピュータ
テーマ : Windows

ステータス
細野ゆとり
あそびにん
せいべつおんな
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おえかき
ブログ内ページランキング
twitter
その他SNS
検索フォーム
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR