カテゴリ:デジタル覚え書き > グラフィックソフト関係 »

ClipStudioModelerとSketchUpで色々

SketchUpで曲面に大きなテクスチャを貼り付けたものを、Modelerで認識できるのかなと思ったのでやってみた。

まず、私の過去記事、「Google SketchUp 8 で、曲面に画像を貼り付ける」を参考に、こういうモデルを作った。
覚え書きが役に立ってんな。

2018-08-01_032146.jpg

で、objでエクスポートしてModelerで読み込んでみると。

2018-08-01_032351.jpg

ああ、認識してる。

ところがここで問題が。
カメラの角度を変えてみると、こんなんなってる。

2018-08-01_032414.jpg

ぐるぐる回してみたところどうも、テクスチャを貼り付けた面は裏側が、そうじゃない曲面は表側が透明だと認識されてるみたい。
なんでだろう、そんなマテリアル設定してないのに。
とりあえず今回は、SketchUpに戻って、面を反転させておいた。

2018-08-01_032549.jpg

うん、大丈夫になった。
でもなあ、ひとつの面の表も裏も見えるようなモデルの場合はどうしたらいいんだろう。
ていうか、このプロセスの中の誰のせいなんだろう。
それはまたいつか調べよう。

【8月4日追記】
なんか、どのプラグインでエクスポートしても裏面が透明だと認識される。
Modelerには裏面という概念がないのかも。
まあ、欲しい3D素材に厚みがゼロってことは無いだろうからいいのか。


で、Paintでキャンバスに貼り付けてみる。

2018-08-01_032746.jpg

多分普通に貼り付けるとデフォルトでこんな風に、モデルの周りになんか黒いのが表示されちゃう。
これは輪郭線。
設定で無しにする。

2018-08-01_032912.jpg

あともうひとつわかったこと。
SketchUpで作るときに決めたサイズ、ちゃんと反映される。

2018-08-01_034725.jpg

これは、SketchUpで作った高さ70cmの円柱と、身長を70cmに設定した3D人形をPaintで配置した画像。
ちゃんと同じ高さになってる。
前回、自動式拳銃を作ったとき、ちゃんとサイズ変更しといてよかった。


ジャンル : コンピュータ
テーマ : フリーソフト

コメントの投稿

非公開コメント

ステータス
細野ゆとり
あそびにん
せいべつおんな
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おえかき
ブログ内ページランキング
twitter
その他SNS
検索フォーム
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR